· 

新聞掲載!【カタカナ英会話で伝える力を】

カタカナを使った英語の発音学習で、

「通じる英会話」を広めているのが

英会話教室「ミシュク式カタカナ英会話ジェッタ」。

 

運営するJETTA(長谷川雄一朗社長)は、

事業者向けサービスを展開し、実践的な接客英会話を

小売業などに出張講座で伝授。

インバウンド(訪日客)需要の取り組みを支援している。

 

長谷川社長は、大学卒業後、大手海運会社、半導体専門商社で

サラリーマン生活を送った。海外ビジネスの経験を積むほどに、

「日本人を世界へ案内する仕事がしたい」と考えるようになった。

 

2015年に商社を退職。英会話を主婦らに教える中で、

教材著者の御宿重孝氏と出会った。御宿氏の教材は、

英語の単語の読み方を大中小の3つの大きさのカタカナで

示す。

 

例えば、「Rat」なら、「ト」と、外国人に伝わりやすい発音を

身に着けることができるようになっている。

長谷川社長は、「再現性が高く、理解しやすい。発音ができれば

リスニング能力も上がる」と習熟速度の違いを強調する。

 

カタカナ英会話の普及に向けて、御宿氏と一般社団法人日本外国語講師

育成協会を設立。講師養成の一方、英会話教室を15年12月に立ち上げ、

これまでフランチャイズを含め、11教室を愛知と東京で展開している。

 

受講生は、40~50代の初心者が多く、海外旅行など受講目的に

合わせて授業を設計する。「日本から英語を話せない人をなくしたい。

20年の東京五輪まで教室を200か所作るのが目標」という。

 

事業者向けサービス「コミュセル」では、カタカナ英会話を使って

外国人向けの接客術を指導。名古屋・大須の刃物店では

ロールプレイ方式で実践的な販売アプローチを伝授した結果、

売り上げが約3割アップしたという。

 

元商社マンの経験も生かす長谷川社長は、「日本文化の香りがする

小売り・サービス業の支援をもっと手掛けたい」と話す。

今春からは、外国人向け日本語教室や海外取り引き支援、PR支援にも

乗り出した。

 

世界から垣根をなくす取り組みが始まっている。

 

【プロフィール】はせがわ・ゆういちろう 33歳。名古屋市出身。

【企業メモ】本社=名古屋市千種区法王町2の5

      ▽電話=052・759・5177

      ▽設立=2018年5月

      ▽従業員数=1人

      ▽売上高=1400万円(19年3月期見込み)

 

 

 

 

 

JETTAのサービスは、