「カンタン!英会話」で外国人の接客

インバウンド対策「コミュセル」

コミュセルとは?

Communicationとsellの造語です。英語対応が苦手な店舗や企業の従業員が、外国人にコミュニケーションを図る事で販売がスムーズになり、結果、店舗や企業の売上が30%UP!することを実現するJWOのサービス。

日本人の5人に1人が外国人

※2025年 日本にいる外国人の割合。外国人観光客も2020年までに年間5,000万人~6,000万人です。

 

一部上場企業から中小企業までも英語を公用化させて、

なんとか英語をものにしようという世間になってきました。

もう待っていてはいけない・・・・

 

もうやらないといけない時期です。

 

いつかやらなきゃいけないので、

やりましょう!今すぐ・・カンタン!英会話で楽しく効果を出す!


プランをご依頼ください。


マニュアル作成プラン

マニュアル作成プラン

あなたのお店に合わせた完全オリジナルの接客シュミレーションマニュアルを作成します。

動画マニュアル作成プラン

動画マニュアル作成プラン

動作に合わせた対話が復習できるので動きがある業務にピッタリ!

現地実地研修プラン

現場実地研修プラン

講師が実際に現場へ行き指導を行うので、従業員が複数いらっしゃる場合にオススメです。



JWO(ジエツタワールドオフィス)の「コミュセル」は実績豊富


英語が苦手な新入社員の販売員の方が、外国人に対して英語でコミュニケーションをとれるようになったことで

接客がスムーズになり外国人向け前年度比売上10%up。

ゴルフのキャディさんやフロントスタッフのための英会話を伝授。ゴルフ倶楽部で英会話研修をすることで、

誰でも話せるようになる英語上達法!?をご紹介。

「デパートなどでも研修していますが、そこから類推しますと、最低30フレーズ、

もう少しの会話で+ 30、さらに上を言うなら+40、計100フレーズをマスターすればスムーズな対応ができると思います」

 日本が英語後進国といわれて久しい。まずは、100フレーズをマスターし、インバウンド客を呼び込めば、さまざまな職場で活気にもつながりそうだ。



■英語は苦手

 

■英語やその発音記号は上手く読めない

 

■外国人客を取り込む必要性を感じている

 

■販売員や従業員の英会話教育に頭を悩ませている

 

■JWOのカンタン!英会話ならできそうだと思う


探していたのはJWOのインバウンド対策「コミュセル」!